東プレ九州株式会社

組立関連製品

組立関連製品

クルマ社会の新しい形を、プレス加工技術で実現していく。

高張力鋼板でより軽く、より強く

CO2排出量削減のために、一層の軽量化と高強度化が求められる自動車部品。それまで980MPa級のハイテン材(高張力鋼板)が使われていたバンパーやドアビームに、東プレは早くから1180MPa級強度のハイテン材を採用。最近ではボディー骨格製品にも同強度の鋼板を使用し、量産をスタートしました。

 

製品一覧(主要な量産製品)

 

フロントピラー

フロントドアの前面部に位置し、高強度なつくりでフロアーとルーフとを支える製品。

 

リアピラー

ボディの後端部に位置し、フロアーとルーフとを上下に繋ぐ製品。

 

センターピラー

フロントドアとリアドアの間に位置し、フロアーとルーフとを上下に繋ぐ柱状のレインフォース(補強)製品。ボディ骨格製品に980MPa級高張力鋼板を使用し、業界最先端の高強度を誇る。

※MPa:MPaは応力の単位です。980MPa鋼板は、断面積1mm2あたり、100kgの力に耐えることができます。

 

ホイールハウス

タイヤ内側周囲を支える、深絞り塑性加工技術が活かされた製品。

PAGETOP
Copyright © 東プレ九州株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.